LooK Back JAPAN ものづくり強国日本の原点を見に行く

特集

■第参回 横須賀製鉄所 造船王国・日本の源流 <br>――150周年を迎える現役ドックの宝庫――

東京湾の入り口に位置する横須賀は、丘陵の連なる三浦半島の海べりに開けた都市だ。かつては軍港として栄えた海軍の聖地で、いまも海上自衛隊基地や米海軍基地がある。最近はむしろ海軍カレーの街として知名度が高く、日本離れした独特の浮遊感と魅力をもつ街として知られる。 2015年7月5日、「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に登録された。本来ならば、明治初めにつくられ、起工150周年を迎えるドックのある横須賀製鉄所も候補地に含まれるところなのだが、残念ながら外されている。米海軍基地内にあり、保存も自由にならないためだ。海軍カレーの町横須賀――実は、明治の産業遺産という点でも、第一級の遺産をもつ見逃せない町なのだ。

横須賀製鉄所
――造船大国・ものづくり強国日本への原点
03ys_header01
1854年、開国して幕府が知ったのは、我が国の脆弱な防衛力だった。そこで、フランスの指導の下、造船所を作り、機械加工技術の育成と軍艦の建造をめざした。その出発点となったのが横須賀製鉄所だった。今回は、起工150周年のドックが残る横須賀を中心に、戦艦三笠、川間ドック、日本初の洋式灯台・観音崎、横浜製鉄所跡を訪ねてみよう。
横浜製鉄所
――横浜につくられた日本初の洋式工場
03ys_header05
横須賀製鉄所を稼働させるためには、機械加工の技術が不可欠である。技術者・技能者の育成をめざし、横須賀製鉄所で使用する機械を製造するために建設されたのが横浜製鉄所だ。JR根岸線石川町駅近くにあった工場は、いまは工場跡碑以外に当時をしのぶ物はないが、フランス語と機械加工の実習場として日本産業界に果たした役割は小さくない。
ヴェルニー公園
――軍港横須賀を見渡す歴史の公園
03ys_header02
横須賀軍港を目前に開けた臨海公園は横須賀製鉄所の首長だったフランス人技師ヴェルニーの功績をたたえて作られたものだ。ヴェルニー記念館には、横須賀製鉄所の原動力となった、鍛造用の3トン、0.5トンのスチームハンマーも展示されている。製鉄所建設の立役者であった小栗上野介とヴェルニーの胸像に往時をしのぶ。
YOKOSUKA軍港めぐりクルーズ
――軍港横須賀140年の歴史をたどる
03ys_header03
いま、首都圏で人気なのが「YOKOSUKA軍港めぐり」クルーズだ。米海軍基地の施設と、旧横須賀軍港(現海上自衛隊基地)を遊覧船で一回りする小さな船旅だ。対岸に明治4(1871)年につくられ、いまも稼働中の我が国初の石造りドックを望み、潜水艦や軍艦など軍港のいまが、間近に見られるのが人気の秘密である。
横須賀造船所
――一四〇年間現役で稼働する石造りドック
03ys_header04
いまは、米海軍横須賀基地内にあるが、対岸のヴェルニー公園や軍港めぐりクルーズから見ることができる日本最古の石づくりドック。1-3号ドックは建造以来140年を経過し、現在もなお、現役で稼働を続ける。日本の造船・機械加工技術の発展に大きく貢献した横須賀製鉄所。日本の造船・機械加工技術の原点を訪ねる。
戦艦「三笠」と猿島
――日露海戦を勝利に導いた旗艦と要塞の島
03ys_header06
明治38(1905)年、世界最強のバルチック艦隊を破って列強を驚かせた日本海海戦。連合艦隊の旗艦として活躍したのが戦艦三笠である。英国ヴィッカーズ社で明治35(1902)年に竣工した15,140トンの戦艦。横須賀三笠公園に保存されている三笠と、三笠沖1.7kmに浮かぶ東京湾要塞の「猿島」のレンガ造りの要塞跡を訪ねる。
浦賀ドック
――世界でも希少遺産の2つのレンガドック
03ys_header07
開国とともに政府は、浦賀に流れる長川の河口に造船施設をつくり、日本初の洋式軍艦「鳳凰丸」を建造した。1860年に太平洋を横断した咸臨丸を出発前に修理したのもここだ。その後、浦賀の地にレンガ製の2つのドックが作られ浦賀が造船の町として栄えた。今ではヨットハーバーに使われているレンガドックの1つに往時をしのぶ。
観音埼灯台
――日本初の洋式灯台
03ys_header08
開国とともにやって来た外国船にとって、流れの速い東京湾入口の狭い航路は大きな問題で、夜間に正確な位置を知る灯台の建設が求められていた。日本で初めて洋式灯台が建設されたのは、明治2年1月1日。横須賀製鉄所の技師ヴェルニーとフロランによって、浦賀水道を望む観音埼に、煉瓦と石灰による白い灯台が造られた。

■第弐回 横浜開港と「絹の道」<br> 生糸を金貨に変えた日本版シルクロード

太平の眠りをむさぼっていた日本の目を覚まさせたのは、ペリーが率いてやってきた4杯のジョーキセンだった。こうして、無理やり世界史の舞台に引っ張り出された日本が、世界とわたりあう窓口になったのが、山手の丘から横に突き出た砂州を整備して政府があわてて作った「横浜港」だった。江戸に近く便がいいことから多くの外国商人がここに押し寄せ、横浜は一気に貿易の中心になっていく。彼らが横浜で求めたのが、カイコからつくられた上質の絹糸、つまり生糸だった。こうして、横浜は空前の生糸貿易ブームにわき、東北・上越・信州・甲州など、各地から横浜めざして生糸が運ばれてくることになる。 生糸商人たちが横浜をめざした「絹の道」日本版シルクロードを訪ねてみる。

横浜の生糸貿易建築遺産
――日本経済を支えた横浜の洋館たち
yh_header06
開港をきっかけに生糸商人が店舗を構え、外国人もやってきて、横浜では新しい事業が次々と展開される。町や港が整備され、郵便が事業化され、銀行が作られ、横浜の顔となった赤レンガ倉庫が作られ、生糸貿易を核に横浜は一大貿易都市へと発展を続ける。明治以来百数十年、日本経済を支えてきた生糸輸出にまつわる横浜の近代化と近代建築の遺産を訪ねてみる。
「繊細な飼育が、上質の繭をつくる」
――桑都八王子で養蚕文化を今に伝える長田誠一さん
yh_header02
日本版シルクロード「絹の道」の起点になったのは、桑都と呼ばれた八王子である。その八王子自身もまた、養蚕と織物の盛んな町でもあった。周辺が開発されて住宅・農地が広がるなかで、いまでも無農薬で桑を栽培し、年に2回、春蚕と晩秋蚕を続けている養蚕農家の長田誠一さん。養蚕を始めて5代目、これからもこの伝統を守っていきたいという長田さんを、晩秋蚕の繭の出荷前に訪ねた。
歴史に一瞬の光を刻んだ鑓水商人
――生糸輸出を支えた「絹の道」
yh_header03
生糸の輸出をめざして商人たちが通った八王子-横浜を結ぶ日本版のシルクロード「絹の道」。その道が歴史の中で輝いたのは、幕末から明治にかけてのわずか数十年間。そこで活躍したのが「鑓水商人」である。八王子近く、多摩丘陵にある小さな村に過ぎない鑓水地区の商人が、石垣大尽、異人館と称されるほどの繁栄を見せた。外国商人も足しげく通ったという鑓水地区の「絹の道」を訪ねる。
八王子往還・浜街道
――八王子と横浜をつなぐ最短の道
yh_header04
甲州街道を、八王子の八日町で分かれて片倉-鑓水-相原-原町田-川井-白根-芝生-野毛-関内-横浜港と続く八王子往還「よこはま道」は多くの商人が通った絹の道である。もともと八王子往還は、起伏に富んだ難路として知られた脇街道だが、それゆえに路程を熟知した鑓水商人の役割が大いに重要でもあった。絹の道とはどんな道だったのか、往時をしのびながらたどってみる。
生糸を金貨に変えた横浜開港
――輸出ブームに沸く横浜開港場と生糸商人
yh_header05
戸数わずか50ほどの寒村だった横浜に突然降ってわいたように港が作られ、外国商人がやってきた。生糸が高値で売れると一攫千金をめざして、各地の商人が先を急ぐように生糸を集めて横浜に持ち込む。そのために、東海道から横浜港へのアクセス道として整備されたよこはま道。シルクロードの終着点である横浜の港へとめざす道を、当時の取引の様子を検証しつつ訪ねてみる。
生糸を金貨に変えた道
――近代化を支えた日本版「シルクロード」
yh_header01
各国と通商条約を結んだ日本は、安政6年に横浜・長崎・函館を開港した。これ を機に多くの商人が横浜にやって来たが、彼らが求めたのが生糸だった。外貨獲 得をめざす明治政府の生糸輸出奨励策とあいまって、各地で生糸の生産が爆発的 に増大し、横浜は輸出ブームに沸く。東北、甲信越、北関東などから多くの商人 が横浜めざして生糸を運び、日本版シルクロードが生まれた。

■第壱回 富岡製糸場と絹繊維産業遺産<br> ――ものづくり強国日本へのスタートランナ――

上信電鉄・上州富岡駅から南へ数分、仲町の交差点を右に折れて門前町の参道のような通りを進むと目の前に巨大な赤煉瓦の建物が見えてくる。江戸幕府から明治新政府に変わったばかりの明治5年、上州富岡の地に作られた官営の富岡製糸場だ。高さ14メートル、長さ100メートルを超える煉瓦造り。この空前絶後のスケールから、圧倒的な周回遅れで列強との産業近代化レースに参加した日本が、ものづくり強国へとすすむ、その出発点の意気込みを知ることができる。

富岡製糸場
――近代化を急いだ日本ものづくりの模範工場
tomi_header01
時代を超えたスケールと、その作りの見事さ、フランス式を採用しながら、日本に合わせた独自の工夫の数々。隅々まで細やかな神経が注がれた設計・施工は、140年を経た現代でも十分に使えるほどの質の高さを誇っている。ものづくり強国日本を積む端緒となった工場のみごとさを見てみよう。
荒船風穴と西上州の養蚕
――かぶらの里は近代産業発祥の宝庫
tomi_header02
富岡のある西上州はもともと、養蚕業の盛んな地域だ。富岡市、下仁田町、南牧村、甘楽町をかぶらの里と呼んでいることからも分かるように、この地域は、鏑(かぶら)川の流域に広がる地域である。絹産業というだけでなく、近代産業の発祥の地という点でも、興味深い地域である。周辺地域の産業遺産をご紹介しよう。
田島弥平旧宅と高山社跡
――養蚕技術改善と生産性向上への試み
tomi_header03
旧田島弥平宅と高山社跡は2014年6月にユネスコに登録された富岡製糸場と絹産業遺産群の千件の中の2件だ。生糸は繭から作り出される。いかに良質の繭を効率よく作るかは、絹繊維産業の成否を決める基本的な課題だ。幕末から明治にかけて、蚕種の育成と養蚕の技術は飛躍的に向上したが、それらの開発に貢献したのが田島弥平と高山長五郎だった。
富岡製糸場の赤煉瓦
―煉瓦造りに見るものづくり強国職人の底力
tomi_header04
富岡製糸場の代名詞となっている赤煉瓦倉庫。木造・漆喰建築しかなかった時代に、どうやって煉瓦を調達したのか。土を探してたどり着いたのが上州福島。初めて煉瓦造りに挑んだのは瓦職人だった。伝統的な「だるま窯」で挑んだ煉瓦造りにものづくり強国に発展する技術の底力がみえる。
桐生のノコギリ屋根と織物工場
――糸から繊維産業への発展
tomi_header05
徳川家康の直轄領だったこともあり、早くから京都西陣の機織り技術を導入してきた桐生。絹市が開かれるなど織物業が成長し、明治維新とともに新しい機械なども導入されて繁栄する。昔のままの木造三角屋根の工場から近代的に改装されたモダン店舗まで、ノコギリ屋根が街のシンボルとなっている。
足利の赤煉瓦・石造り織物工場
――絹から木綿、羊毛産業へ
tomi_header06
日本最古の学校、足利学校などで知られる足利は古くから栄えた街で、隣接する桐生に刺激されて繊維産業が発達してきた。大谷石を積んだノコギリ屋根の工場など、独特の雰囲気を醸し出し、絹から木綿、羊毛へと繊維が変わる時代を映している。