東京湾の入り口に位置する横須賀は、丘陵の連なる三浦半島の海べりに開けた都市だ。かつては軍港として栄えた海軍の聖地で、いまも海上自衛隊基地や米海軍基地がある。最近はむしろ海軍カレーの街として知名度が高く、日本離れした独特の浮遊感と魅力をもつ街として知られる。 2015年7月5日、「明治日本の産業革命遺産」が世界遺産に登録された。本来ならば、明治初めにつくられ、起工150周年を迎えるドックのある横須賀製鉄所も候補地に含まれるところなのだが、残念ながら外されている。海軍カレーの町横須賀――実は、明治の産業遺産という点でも、第一級の遺産をもつ見逃せない町なのだ。

 

横須賀の造船遺産マップ

 

インデックス

壱横須賀製鉄所
――造船大国・ものづくり強国日本への原点
1854年、開国して幕府が知ったのは、我が国の脆弱な防衛力だった。そこで、フランスの指導の下、造船所を作り、機械加工技術の育成と軍艦の建造をめざした。その出発点となったのが横須賀製鉄所だった。今回は、起工150周年のドックが残る横須賀を中心に、戦艦三笠、川間ドック、日本初の洋式灯台・観音崎、横浜製鉄所跡を訪ねてみよう。
記事を読む
弐ヴェルニー公園
――軍港横須賀を見渡す歴史の公園
横須賀軍港を目前に開けた臨海公園は横須賀製鉄所の首長だったフランス人技師ヴェルニーの功績をたたえて作られたものだ。ヴェルニー記念館には、横須賀製鉄所の原動力となった、鍛造用の3トン、0.5トンのスチームハンマーも展示されている。製鉄所建設の立役者であった小栗上野介とヴェルニーの胸像に往時をしのぶ。
記事を読む
参YOKOSUKA軍港めぐりクルーズ
――軍港横須賀140年の歴史をたどる
いま、首都圏で人気なのが「YOKOSUKA軍港めぐり」クルーズだ。米海軍基地の施設と、旧横須賀軍港(現海上自衛隊基地)を遊覧船で一回りする小さな船旅だ。対岸に明治4(1871)年につくられ、いまも稼働中の我が国初の石造りドックを望み、潜水艦や軍艦など軍港のいまが、間近に見られるのが人気の秘密である。
記事を読む
四横須賀造船所
――一四〇年間現役で稼働する石造りドック
いまは、米海軍横須賀基地内にあるが、対岸のヴェルニー公園や軍港めぐりクルーズから見ることができる日本最古の石づくりドック。1-3号ドックは建造以来140年を経過し、現在もなお、現役で稼働を続ける。日本の造船・機械加工技術の発展に大きく貢献した横須賀製鉄所。日本の造船・機械加工技術の原点を訪ねる。
記事を読む
五横浜製鉄所
――横浜につくられた日本初の洋式工場
横須賀製鉄所を稼働させるためには、機械加工の技術が不可欠である。技術者・技能者の育成をめざし、横須賀製鉄所で使用する機械を製造するために建設されたのが横浜製鉄所だ。JR根岸線石川町駅近くにあった工場は、いまは工場跡碑以外に当時をしのぶ物はないが、フランス語と機械加工の実習場として日本産業界に果たした役割は小さくない。
記事を読む
六戦艦「三笠」と猿島
――日露海戦を勝利に導いた旗艦と要塞の島
明治38(1905)年、世界最強のバルチック艦隊を破って列強を驚かせた日本海海戦。連合艦隊の旗艦として活躍したのが戦艦三笠である。英国ヴィッカーズ社で明治35(1902)年に竣工した15,140トンの戦艦。横須賀三笠公園に保存されている三笠と、三笠沖1.7kmに浮かぶ東京湾要塞の「猿島」のレンガ造りの要塞跡を訪ねる。
記事を読む
七浦賀ドック
――世界でも希少遺産の2つのレンガドック
開国とともに政府は、浦賀に流れる長川の河口に造船施設をつくり、日本初の洋式軍艦「鳳凰丸」を建造した。1860年に太平洋を横断した咸臨丸を出発前に修理したのもここだ。その後、浦賀の地にレンガ製の2つのドックが作られ浦賀が造船の町として栄えた。今ではヨットハーバーに使われているレンガドックの1つに往時をしのぶ。
記事を読む
八観音埼灯台
――日本初の洋式灯台
開国とともにやって来た外国船にとって、流れの速い東京湾入口の狭い航路は大きな問題で、夜間に正確な位置を知る灯台の建設が求められていた。日本で初めて洋式灯台が建設されたのは、明治2年1月1日。横須賀製鉄所の技師ヴェルニーとフロランによって、浦賀水道を望む観音埼に、煉瓦と石灰による白い灯台が造られた。
記事を読む